「ご報酬一覧」フィリピン専門行政書士 三浦哲郎

ご相談(在留資格コンサルティング)

ご状況をお聞きし、在留資格取得のご提案をさせて頂きます。 8,000円(税込)〜

フィリピンの方を招へいしたい(友人・家族を日本に呼びたい)

短期滞在ビザ書類作成〜申請まで 1名 40,000円(税込・国際郵便代込)
2名 70,000円(税込・国際郵便代込)
3名 98,000円(税込・国際郵便代込)
4名 124,000円(税込・国際郵便代込)
5名 148,000円(税込・国際郵便代込)
以降 1名につき20,000円(税込・国際郵便代込)

フィリピンの方との国際結婚手続サポート

フィリピンの方との国際結婚手続サポート(フルサポートプラン・短期滞在ビザ申請サポート費込) 200,000円(税込)〜
フィリピンの方との国際結婚手続サポート(通常プラン・短期滞在ビザ申請サポート費込) 180,000円(税込)〜
フィリピンの方との国際結婚手続サポート(書類チェックプラン) 60,000円(税込)〜

※すでにご結婚のお手続きが完了されており、在留資格申請のみの場合には、フルサポートプラン120,000円(税込)〜、通常プラン100,000円(税込)〜、書類チェックプラン30,000円(税込)〜にてご案内させていただいております。

下記表は、クリックで拡大致します。

※ご結婚手続きに関しましては、ご状況をお伺いさせていただき、お見積りをご提示させて頂いております。

※フルサポートプラン及び通常プランに関しましては、着手金+申請料として、ご提示させていただいた金額の半額をご依頼時にお支払いいただきます。申請後、在留資格の許可が得られた場合は、関係書類をお渡しさせていただく際に、残りの半額をお支払いいただきます。(例)報酬200,000円の場合→ご依頼時100,000円→許可を得られた場合100,000円をお支払いいただきます。

※フィリピン大使館のお手続きにおいて、別途、実費約15,000円(ご状況により異なります)の支払いが必要です。

※在留資格(短期滞在ビザからの変更の場合)が許可されるときは、入管にて、別途、実費4,000円の支払いが必要です。

※ご依頼者様から当事務所へのご郵送費等の諸経費は、ご依頼者様のご負担とさせて頂いております。

フィリピンの方の在留資格(日本人の配偶者等)期間更新許可申請

期間更新許可申請とは、すでに在留資格(日本人の配偶者等)を有している方が、日本での引き続きの滞在を希望される際のお手続きとなります。

フィリピンの方の在留資格(日本人の配偶者等)期間更新許可申請 80,000円(税込)〜

※期間更新許可申請に関しましては、ご状況をお伺いさせていただき、お見積りをご提示させて頂いております。

※期間更新許可申請に関しましては、着手金+申請料として、ご提示させていただいた金額の半額をご依頼時にお支払いいただきます。申請後、在留資格の許可が得られた場合は、関係書類をお渡しさせていただく際に、残りの半額をお支払いいただきます。(例)報酬80,000円の場合→ご依頼時40,000円→許可を得られた場合40,000円をお支払いいただきます。

※期間更新許可申請が許可されるときは、入管にて、実費4,000円の支払いが必要です。

※ご依頼者様から当事務所へのご郵送費等の諸経費は、ご依頼者様のご負担とさせて頂いております。

その他の業務

資格外活動許可申請 20,000円(税込)〜
在留カード交付 20,000円(税込)〜
The following two tabs change content below.
三浦哲郎(フィリピン専門行政書士)

三浦哲郎(フィリピン専門行政書士)

代表行政書士三浦国際事務所
「行政書士三浦国際事務所所長・申請取次行政書士」千葉県にてフィリピン専門の行政書士事務所を運営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、フィリピン現地英語学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識でフィリピン人の方をサポートさせて頂いております。また、セブ留学エージェントの代表も務めています。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。

最近の記事

代表行政書士 三浦 哲郎

 

正確なお手続きはもちろん、アットホームな事務所運営を心がけ、行政書士業務を通じて日本とフィリピンの架け橋になることを最大の目標としております。

※「LINE追加」スマホの方はこちらの文字をクリックしてください。

PAGE TOP
Translate »